2011年01月14日

最後の忠臣蔵

邦画  『最後の忠臣蔵』  を観て来ました!
実写版 宇宙戦艦ヤマトを観ようと思って映画館まで行ったんだけど、チケット売り場で いつもの気まぐれが…
まぁ それは良しとして、映画の感想を少々。

最後の忠臣蔵.gif

主演:役所広司の演技の上手さは想定内。 本当に素晴らしい演技だけど、いつもの事だし。
主な共演者は佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美 他。
この内の桜庭ななみ がズルイ!
正直 言うと、この作品を観るまでは あまり好きじゃなかったのね。 でも彼女の演技で ずいぶんと泣かされちゃった。
気品とウブさを まとう、まだ あどけさの残る少女が、凛とした女性へと移り変わる様を演じきっていたね。
これからの ななみちゃんには注目します♪

ストーリーは、おなじみ “忠臣蔵” の その後の物語。
“その後” とはいえ “忠臣蔵” ありきの展開なのに、恋愛・親子愛あたりの要素に比重を置きながら時代劇っぽくなく描かれていくので意外でした。
ただ、結局は武士道を美化するクライマックスが待っており、場内からは多くの すすり泣きが聞こえてきました。 …僕的には、その切な過ぎるラストが逆効果。
(分かる、分かるよ…) の思いを、「武士ですから」 で何でも済まされると思うなよ! の気持ちが上回ったと言いましょうか…
高倉健の 「不器用ですから」 までしか許せません。

ネタバレしちゃうので、あまり具体的には書けませんねぇ…

あら? いつの間にか熱く語り出しちゃってら。
さて、次は しょーもない軽〜い映画を観たいな!
タグ:tsukuru-cinema
posted by TKB at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽

2011年01月12日

つれなくてゴメンよ… 3D…

昨日は夕飯がスキヤキだと知って、予定していた映画鑑賞を急遽 取りやめましたが、今夜はシチューだと言うから行ってきましたよ。
いや、シチューもウマイけどね…

観たのは 『トロン:レガシー 3D』

トロン.gif

前作公開時は、僕 自身 まだ幼かったし、今ほど あのコンプーターとか あっ! コンプーターって言っちゃった!(恥) コンピューターね。 あのコンピューターとかプログラミングとかの世界観が身近じゃなくて、な〜んか小難しくて つまんない映画だと感じたの。
じゃぁ、歳をとって多少は理解力の増した僕が、コンピューターに支配されているかのような現実世界を行き続ける現在、この続編を どう受け止めるのだろうか?
自分でも すごい興味があったんです…

結果は、上映開始5分で寝ました。
バカバカバカバカバカ! 逆から読んだら カバカバカバカバカバ!
ホント僕はカバだ! いやバカだ! …なんで寝ちゃうかなぁ…
原因は 3Dメガネだね。
僕は視力が良いからメガネって物に慣れてなくて、あのメガネの耳にかける部分、えっと何て言うの? メガネの柄? メガネのバー? あっ フレームかな? とにかく あれに こめかみ辺りをギュッてやられると頭痛が すごいのね。
それに 3D映像自体、目がチカチカして めっちゃ疲れるし。
仕事で疲れきってた事もあり、ギュッ チカチカ ギュッ チカチカ の速攻でやられちゃった。
といっても、何分後かからは気合入れて観たんだけど、頭痛と目の疲労は増すばかりで映画の評価なんか二の次だよ。

3Dって別料金 取られるしさ。 意味の無い無理やり 3Dも多いしさ。 で、上記の件もあるしさ。 個人的には、もぉ いいかなぁって… 最初は物珍しさに歓喜もしたけど…

早く今 以上の 3D映像が裸眼で見られるまで進化してよね〜!
タグ:tsukuru-cinema
posted by TKB at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽

2011年01月10日

半年ぶりの映画鑑賞は2本立て!

今日は午後から お休み頂きまして、半年ぶりに映画を観てきました♪
「半年ぶり」 って、スパン的にどうですか? 短い? 長い? まぁ人ぞれぞれですよね。
ただ、僕は半年前まで週に3本は劇場鑑賞してましたから、そんな人間が なぜ半年ぶり? ヒント:楽天に出店したのが半年前です。
そりゃ ヒント じゃなくて 答え か!(笑)

とにかく忙しく、休みも無い日々を過ごし続ける僕ですが、そんな中、突然 映画を観に行った理由は… 年末に映画鑑賞で貯めてあったポイントが失効しちゃうってんで [1ヶ月フリーパス] に交換してあったの。
それは、1ヶ月間に何十本 いや 何百本 映画を観ようと お金を払わなくて良い魔法のパスポート〜♪
なのに、9日間も1本も観ることなく過ぎ、もぉ限界! と 本日2本 鑑賞した次第です。

シュレック.gifロビン・フッド.gif

今日 観たのは のりのり童話系なアニメ 『シュレック フォーエバー』 と、硬派な歴史ドラマ 『ロビン・フッド』 。 …訳の分からない組み合わせでしょ?
でも さらに、その 『シュレック』 が日本語吹き替えだったという事と、実は ひとり孤独に観た事を知らされたら、あなたはどう思いますか? 「キモッ!」 って ひいちゃう?(苦笑)
ハイッ! それが僕の映画鑑賞スタイル!
ただいま40才 中年男子、妻子持ちでもありますが、興味が湧いたなら 『劇場版プリキュア』 だって ひとりで観に行くかもよ!(笑)
ちなみに、プリンセス系ディズニーアニメなんかは 過去に何度も ひとりで行っちゃってますけど? そんで嗚咽漏らして泣いたりする事もありますけど?

…どんだけキモイ? 自虐ネタだよコレ!

まぁまぁ いいじゃないですか。
洋画・邦画・アニメ、ジャンルを問わず均等に観ているというだけですから。

PS) 『シュレック フォーエバー』 と 『ロビン・フッド』 は、個人的には どちらもボチボチ楽しめました♪
タグ:tsukuru-cinema
posted by TKB at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽